第22回大会のお知らせ【無事終了いたしました】

 下記の通り、第22回大会を開催いたします。
開催日時 平成30年6月16日(土) 10時50分~17時45分受付は10時30分より
※12時から13時20分までは休憩ですが、この間、別室(11階会議室隣小会議室)で評議員会を開催いたします。
開催場所 二松学舎大学 九段キャンパス 1号館 11階会議室 →【MAP】(二松学舎大学HP、MAP&アクセス)
交通アクセス (1)東京メトロ東西線・半蔵門線、都営新宿線「九段下」駅下車、徒歩8分。
(2)JR、東京メトロ有楽町線・南北線、都営新宿線「市ヶ谷」駅下車、徒歩15分。
(3)JR、東京メトロ有楽町線・東西線・南北線「飯田橋」駅下車、徒歩15分。
大会参加費 1,000円(学生・大学院生500円)
申込方法 以下のいずれかの方法で6月9日(土)までにお申し込みください。

(1)大会出欠フォームでのお申し込み(受付終了)

(2)メールでのお申し込み
学会事務局(liuchaoxuehui★gmail.com)にメールをお送りください。(お手数ですが、★を@(半角アットマーク)に変えてください)
その際、①ご芳名・②メールアドレス・③大会出欠・④懇親会出欠・⑤領収書要不要をご記入ください。
※学生・大学院生の方は、その旨を明記くださいますようお願いいたします。
発 表
午前の部
11:00~12:00
(発表①、②まで)

午後の部
13:20~17:00
(発表③以降)

初海 正明(栄光学園中学校・高等学校 国語科常勤講師)
 「『老子』における「言」と「道」の関係性」
三津間 弘彦
 「前四史に見る夷狄列伝の展開」
洲脇 武志(大東文化大学 非常勤講師)
 「許懋の「封禅停止に関する建議」について」
遠藤 星希(法政大学)
 「李賀の詩にあらわれる庾肩吾――「皇子」に唱和する詩人としての自己意識――」
小池 直子(東洋大学 客員研究員)
 「東晋中期の政局における皇太后の役割」
狩野 雄(相模女子大学)
 「芳る祖国――陸機「悲哉行」の芳香表現をめぐって」
加固 理一郎(文教大学)
 「晩唐の駢文の六朝文化との関わりについて」
榎本 あゆち
 「劉孝標と劉勰との関係について」

【研究発表要旨一覧】

総 会
(17:05~17:45)
①事業報告  ②事業案  ③決算  ④予算  ⑤その他
その他 ○大会終了後、18時より懇親会開催を予定しています。こちらにも是非ご参加ください。(会費:4,000円 ※学生・大学院生は2,000円)
○会場には駐車場はございません。お車での御参会は御遠慮ください。
○会員外の来聴も歓迎いたします。
○二松學舍大学の食堂は営業しています。
○第22回大会告知用ポスターを作成しました。印刷して簡易版プログラムとしてもご利用いただけます。
 〔第22回大会告知ポスター〕(PDF)
連絡先 〒370-0801 群馬県高崎市上並榎町1300
高崎経済大学経済学部大村和人研究室内 六朝学術学会事務局

○大会実行委員長・牧角悦子 e-takesh★nishogakusha-u.ac.jp
○学会事務局 liuchaoxuehui★gmail.com
 ※お手数ですが、★を@(半角アットマーク)に変えてください。